自動車・住宅





消費増税後の買い控え防ぐ 自動車・住宅で減税検討  :日本経済新聞

 2019年10月に予定する消費税増税に向け、政府がまとめる対策の原案が分かった。住宅や自動車の購入者に減税を実施し、増税後の買い控えを防ぐ。商品価格が急激に上がらないようにする対策も打ち出し、増税ショックを軽減する。経済に万全の対策を用意することで、消費税率10%に引き上げやすい環境を整える。

住宅
現在、購入資金の借入残高に応じて税負担が10年間で最大500万円軽くなる住宅ローン減税を拡充する考え。19年10月の消費増税後に減税額を一時的に引き上げる案や、21年12月末までの期間を延長する案などが浮上している。

自動車
現在、消費者が車を買う際、購入価格の3%(普通車)を納める自動車取得税がある。政府は消費税増税に合わせて取得税を廃止し、車の燃費に応じて税率が0~3%に変わる新税を導入する予定。購入者の負担をさらに減らすため、この新税を再設計する案がある。

企業への対策
増税後に企業が一斉に商品価格を引き上げるのではなく、増税前からなだらかに反映するようにする。まず、増税後の「消費税還元セール」を禁じた転嫁法を改正する。14年4月の前回の消費税増税の際は還元セールが禁じられた。そのために企業が4月に一斉に価格転嫁し、商品価格が大きく跳ね上がった。厳格な消費税の価格転嫁を監視する「転嫁Gメン」と呼ばれる専門調査官の運用も見直す。

反応

政治献金を多く払ってくれるところだけ助ける自民党

トヨタ自動車とトヨタホームの政治的圧力?

減税するからって一般人がそれじゃ車や家を買おうってはならねーよ。コイツらマジ無能

わからんのですけど、増税しておいて自動車と住宅だけ減税するってどういうこと?「みんな1人当たり100円くれれば10人に1人だけくじに当たった人には20円あげるよ」とか「自動車とか家を買えるお金持ちにはちょっとお金返すよ」ってことかな

まーた上級国民だけが喜ぶ施策を・・・