裁量労働制





裁量労働制で働いていた28歳社員が過労死 1カ月の残業は184時間超 - ライブドアニュース

東京都内のシステム開発会社で裁量労働制で働いていた28歳の男性が去年、くも膜下出血で亡くなり、「過労死」の労災認定を受けたことがわかった。

代理人弁護士によると、労災認定を受けたのはシステム開発会社「レックアイ」に勤めていた28歳の男性。男性は5年前に入社し、不動産のシステム開発などに従事していたが、去年8月、くも膜下出血で亡くなったという。亡くなる3か月前の1か月間の残業時間は184時間を超えていた。

また、亡くなる1か月から2か月前に、男性はメールなどで「今月も華麗に300時間やー。ねむすぎ」「社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めて」と長時間労働の様子を訴えていた。

会社側は「現在は何もコメントができない」としている。

反応

ほれ、見たことか!やはり裁量労働制は「残業只働き制」でしかないんだよ。

過労殺人である。 社名とその所在地を公表しろ。 この男性社員を病死するに至らしめた会社関係者は罪状と個人情報を公表してクビ。 全財産を失う程徹底して賠償させるべき

俺もこれになりそうになってたから分かるわー。

これが「働き方改革」の典型事例

安倍さんは、裁量労働や高プロで労働者が何人死のうが気にしてない。お友達のことにしか関心はありません。

「高プロ」は「過労死促進法案」「過労死合法化法案」なんだよ・・・・(怒)

裁量労働だから残業代も出ていないだろうし、当然の結果かもですな・・・。企業名は公表すべき。