アメフット





東京新聞:反則「監督の指示」と認定 アメフット学連規律委:スポーツ(TOKYO Web)

 日本大アメリカンフットボール部の選手による悪質な反則問題を調査してきた関東学生連盟の規律委員会が「反則は監督とコーチの指示」と認定する方針を固めたことが25日、関係者への取材で分かった。反則を指示していないという日大の内田正人前監督と井上奨前コーチの主張を退けた。

 調査結果を受け、関東学連は5月中に臨時理事会を開いて日大の処分を決める。罰則規定には(1)除名(2)資格剥奪(3)団体活動の一時的または無期限停止(4)公式試合の出場停止―などの処分がある。

 規律委は反則をした宮川泰介選手や、内田前監督、井上前コーチら指導陣に聞き取り調査をした。

関連記事

【日大アメフト問題】日大、殺人タックル指示を改めて否定「潰せといったが、言葉足らずだった」

反応

この判定は当然だよね、又日大学長が学生に大学に戻って普通の生活をしてくれるようにと言う事は当然でしょう。政治の世界よりは良いかな?でももう少し見ないとね。

さて?日大の学長さん、これを元に処分を決めるってお話でしたが?どうすんの?

次は誰が出てくるんだw

こんな認定でちゃったら、今後の試合は各大学もやりづらいだろうなぁ。それにしても、日大は広報→内田氏→学長と3連続でダメダメだったなぁ。メディア対策とか何もやらず「俺が頭下げたら丸く収まる」と思ってたんやろうな。