海の日





自民、「海の日」固定に賛否 連休維持派が巻き返し  :日本経済新聞

 7月第3月曜日の祝日「海の日」を7月20日に固定するかどうかを巡って、自民党内の賛否が割れている。海の日の由来を重んじる保守系議員が2021年以降は7月20日に固定するよう要求。一方、観光業界に近い議員は3連休となる第3月曜日を維持するよう主張している。

 海の日は1876年の7月20日、明治天皇が東北巡幸の帰りに横浜港に到着した日に由来し、1996年から祝日になった。3連休を増やすために7月の第3月曜日に変更された。保守系の議員はこの変更に「海の日の意義が薄れてしまった」(衛藤征士郎衆院議員)と不満を持っていた。

 今国会では、東京五輪・パラリンピックを開く20年に限って海の日を開会式前日の7月23日に移動する法案が議員立法で提出された。超党派の国会議員らでつくる海事振興連盟はこれを認める代わりに21年以降は20日に固定することを求めた。

反応

両者の意見を満たすには、両方を休みにする。

大半の人間にとってこの祝日の「由来」とかほとんど意識もされていないのでは?大した理由もない祝日作ったんだから連休で良いでしょ

元号公開時期は即位と同時にしろとか保守系の自民は何故、国民生活を考慮しないのか…

祝日ってのは、それぞれそれなりの意味があるんだよ。無理にずらして連休をこしらえるのはもういい。全国一律に休みを集中させると混み合うという弊害もある。連休にしたけりゃ、その間に休暇を入れて有給消化を促進させればいい。

海の日の由来なんか知らんがな 連休であることに価値がある

海の日の7/20は残して、別に3連休を設定したらいいんじゃね?