寝てない自慢





「寝てない自慢」をする人を襲う健康リスク | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

昭和の精神論を嫌う人たちでさえ、努力次第でショート・スリーパーになれると信じてきた。実際には短眠が訓練ややる気とはまったく関係のない「遺伝的変異」によるものであるにもかかわらず、だ。

そしてそれは、人口の1%。たったの1%しか、3時間睡眠で体内時計(体内で行動や睡眠のリズムを制御する仕組み)を管理できる遺伝子をもつ人はいないことがわかった。

(中略)

動物の前頭葉の下の部分には、疲れを感知すると脳幹に「疲れているので、休んでください」という信号を送る「疲れの見張り番」のようなセンサーがある。ここから指示が出されると、指示を受けた脳幹は神経細胞を通してセロトニンを分泌する。セロトニンが分泌されると、脳は心身を休ませるために活動を抑え、その結果、元気な状態を取り戻す。

ところが、見張り番から「休んでください!」という指令が送られても、無視して活動を続けると、見張り番自体が故障してしまい「休んでください」という指令を送れなくなる。

(中略)

指示が出ないので「疲れている」と自覚できない。その結果、疲れを感じることなく働き続ける。似非ショート・スリーパーが過労死と背中合わせであることはおわかりいただけるだろう。

過酷な労働状態に置かれているにもかかわらず、「忙しいの、慣れちゃったよ」と言う人がいる。これは慣れたのではなく、感じなくなっただけ。慣れたと思っているときが、いちばん危険なのだ。

反応

寝てない自慢と風邪引いてるけど出社して来た自慢する奴には延髄斬り決めたくなる

8時間寝た上で全然寝てないわーって言うのがベストってことやな

今どき『 寝てない自慢 』なんかしちゃってると、自己管理できない自慢、お仕事できない自慢になっちゃう・・・w

つまり、うちは似非ショートスリーパーっつーことか。まぁ、さすがに最近は疲れのせいか、少し睡眠時間が長くなったけど

寝ましょう。ボクもショートスリーパーめだろうと思ってたら全然5時間以下で体調崩しましたw

見えないものが存在しないのではないし、感じないことが大丈夫とは限らない。それを知らないと健康に限らずリスク山積だと思う。

最近なるべく夜寝るようにしているけど、それでも7時間が限度だなぁ。