タバコ休憩





長時間のタバコ休憩で訓告処分、労働契約から考える妥当性は? | ニコニコニュース

人は本来、自由で、朝起きたら会社など行かなくても良いはずですが、遅刻しないよう満員電車に乗って行くわけです。そして、決められた就業時間中は、会社や上司の指示命令に従い、誠実に職務を行うのです。その代わりに生活の糧となる給料が貰えるということになる訳です。

正に(労働)契約です。企業としても、最大限の利益を上げるため、従業員には、勤務時間中は職務に専念して貰い、生産性を上げる必要があります。トイレなど生理現象については、除かれますが、勤務時間中にタバコを吸うため勝手に離席すれば、契約違反になるのです。いきなり懲戒解雇は、行き過ぎで不当ですが、訓告程度の懲戒処分は、受けても致し方なしと言えるでしょう。訓告後も無視して、同じ行動を続ければ、減給、出勤停止、懲戒解雇と進んでいくことになります。


しかしながら、タバコを吸うことも生理現象だ、タバコを自由に吸う権利もあるはずだ、と喫煙者からは聞こえてきそうです。喫煙の自由は憲法上「権利」とまでは断定されておらず、過去の判例でも「喫煙の自由は、あらゆる時、場所において保障されるものではない。」とされています。従って、タバコを吸う自由を制限したとしても、公序良俗に反すると評価されない限りは違法ではありません。今回の場合、職務に専念していなければならない時間なのです。

反応

喫煙者の方はこれが厳しい事言われてると感じるかもしれないが、非喫煙者はずっとそうだったんだ。休憩と言う名目で一日に何度も自販機等の前で駄弁っていると、サボってるって見られていたんだ

定められた指定の休憩時間なら勝手にしろ。仕事中に抜け出してまで吸うのはニコチン中毒だから病院行け。

喫煙者だけ高プロにすれば問題ない。

タバコすいたんなら辞めれば?そんなとこで働いてるお前が悪い。

たばこ休憩が許されるなら、立ち仕事してる労働者がちょっと座って1分でいいから休憩したいってなったらさせてくれるのかね、ニコチン依存症と違って 疲労は起こりえることなので休憩は妥当になるけど

会社の喫煙室は個室にして会話できなくすればさっさと帰ってくると思う。