EPA





日欧EPAを11日に署名、EUが正式決定  :日本経済新聞

欧州連合(EU)は6日、日本との経済連携協定(EPA)を11日に署名することを正式決定した。自由貿易に懐疑的な立場をとる極右・ポピュリズムの連立政権が6月に誕生したばかりのイタリアも含めた全28加盟国から了承を得た。11日にブリュッセルのEU本部で、安倍晋三首相も出席して署名式典を開く。日欧は2019年3月29日の英国のEU離脱より前の発効を目指しており、今後それぞれの議会での批准手続きに入る。

関連記事

あのワインやチーズが安くなる!日欧EPA(日本とEUの経済連携協定)食品関連まとめ - HATO BAR<ハトバー>


反応

粉チーズやワインは関税即時撤廃

EUと日本の自由貿易、ワインは即時撤廃だけどチーズは16年掛ける。 ただしEPAなので知的財産の保護も入ってくるから、ワインやブランデーのルールも日本が変わる可能性ありってのは良いね

EUとのEPAでワイン衣類の関税即時撤廃とか、完全に俺得。

おぉ、チーズやワインがお安くなるんかな。ヨーロッパワインはあんまり飲まないけど

あんまり話題になってなかった様に思いますが、無事妥結しそうですね。日本企業にとっては完成車・部品の関税が減免されること、暮らしの面ではワインの関税撤廃が大きそう。牛肉・乳製品も関税率は下がりそうですね。

ワインは即時だけどチーズは段階的なのね。ワイン好きな人には朗報なんかな。