GK川島選手





「GKやる子供消えます」 川島永嗣へのW杯異常バッシング、専門家警鐘 : J-CASTニュース

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出し、列島を熱狂させた日本代表メンバーの中で、GK川島永嗣は批判にさらされ続けた。「ミス多すぎ」「川島出すな」。インターネット上ではそんな声が絶えずあがった。

こうした論調に警鐘を鳴らすのが、ツイッターやブログでGK情報の発信を続ける元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣氏だ。W杯での川島のプレーと、ネットの論調について何を思うのか。J-CASTニュースは山野氏に話を聞いた。

川島はロシアW杯全4試合にフル出場し、失点は7。とりわけ批判された失点シーンが3つあった。グループリーグ(GL)第1戦・コロンビア戦の1点、第2戦・セネガル戦の1点目、決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦の1点目だ。

だが山野氏は、「川島の完全なミスと言っていいのは、セネガル戦の1点目だけだと考えています」と指摘する。

(中略)

山野氏は、次世代への影響を危惧している。

「スマートフォンやPCが普及している時代です。ネットで理不尽に叩かれているのを今の子どもたちは見るでしょう。それでGKに魅力を感じるでしょうか。

GKは失点した時、自分に過失やミスがなくても叩かれたり、後ろめたさを感じたりします。その中でいつ喜びを感じるかと言えば、一番はファインセーブでゴールを守り、『ありがとう助かった!』と周りが称えてくれる時です。

その励ましがモチベーションになるのに、今の川島に対するような評価をされたらGKのやりがいがありません。川島はプロとして強靭なメンタルで己の仕事をやり抜きましたが、他の日本人GKならメンタルが崩壊していたかもしれません。ファインセーブまで粗探しをされ、価値を落とされる。極めて危険な流れだと思います。GKをやろうという子どもが消えますよ」






反応

これからのGK問題は深刻だよね ゴールキーパーが主人公のアニメがあれば子供たちに興味を持ってもらえる…と思ったらイナズマイレブンがあった

GKが正当に評価される国にならないと、GKを目指す選手も減るし、その国のGKのレベル低下にもつながる

ほんとこれ。 日本人サポの心無いバッシングにずっとW杯中イライラして試合後のニュース見るの嫌だった。

漫画でのキーパーやキャッチャーの描かれ方が、良くないイメージを作っている。本来、どのポジションでもできるのがキーパーにふさわしい

ファインセーブはやって当たり前だから称賛されないけど、ミスをすれば悪目立ちで叩かれる。確かにこれじゃGKやろうって奴は増えないわな

野球でもそうだが、ファンがみな評論家になってはいけない、ということだろう

必要以上に個人を叩く風潮、どうにかならんもんかね

難しいポジションだからなぁ。しかもレギュラーになれるかどうかもわからんという不遇さもあるし。