西日本豪雨





西日本の豪雨による犠牲者が109人に 平成に入って最も多い人数 - ライブドアニュース

大規模な浸水の被害が出た岡山県倉敷市真備町で、新たに11人の死亡が確認された。西日本を中心とした今回の豪雨で亡くなった人は9日14時の時点で、合わせて109人となった。豪雨による犠牲者としては平成に入って最多。NHKニュースが報じた。



記録的豪雨「平成30年7月豪雨」と命名 気象庁 | NHKニュース

梅雨前線などの影響で西日本を中心に広い範囲で大きな被害が出た今回の記録的な豪雨について、気象庁は「平成30年7月豪雨」と名付けました。気象庁が豪雨災害で名称をつけるのは、去年の「平成29年7月九州北部豪雨」以来です。

反応

「平成30年7月豪雨」……名称なんてどうでもええやん

気象庁が豪雨災害で名称をつけるのは、去年の「平成29年7月九州北部豪雨」以来です…それなら今回も西日本とか地名を入れるべき。七夕も入れたら記憶に残る。

範囲が広すぎて地域名つけなかった模様

メディアは「西日本豪雨」で統一していた感もあるけど。範囲広すぎたし長すぎたよね。