蒼の彼方のフォーリズム





『蒼の彼方のフォーリズム』spriteが活動休止に追い込まれた理由は「アニメ版の大爆死」 | ニコニコニュース

『蒼の彼方のフォーリズム』で知られるエロゲーブランド「sprite」が活動休止を発表し、ファンの間に動揺が広がっている。

(中略)

 発表タイトルがいずれもアニメ化を果たした人気コンテンツを抱えながら、いったい何があったのか。

 業界でウワサされるのは、出資元の環境の変化だ。

「spriteには、レコードレーベルのランティスが出資していました。同社は、もともとバンダイ・ミュージックエンタテインメントの元社員らによって設立された会社でした。ところが、昨年、バンダイビジュアルに買い戻され、法人としては消滅。新たに発足したバンダイナムコアーツ音楽部門の一レーベルになったのです」(業界関係者)

 この吸収合併によって、従来よりランティスが出資していた各事業への余波が懸念されていた。

「そうした中でspriteへの出資も、整理の対象になったのではないか」というのが、業界内でのおおよその見方だ。

 もちろん、ヒットしている作品があれば整理の対象にはならない。spriteの看板タイトルである『蒼の彼方のフォーリズム』には、整理されるだけの理由があった。それが、16年に放送されたアニメである。

「とにかくアニメの出来が悪かったのです。もともと固定ファンが多い作品ゆえに、アニメ化によってさらなる飛躍が期待されたのですが、大爆死という結果に終わってしまったのです」(同)

 一定数の固定ファンがいても、もはや新規の顧客が見込めないコンテンツ。そうなってしまえば、切られるのも仕方ない。

 自らの責任ではなく、アニメの出来の悪さで活動休止を余儀なくされるとは、無念この上ないもの。『恋と選挙とチョコレート』と『蒼の彼方のフォーリズム』ともに、もとのゲーム自体は素晴らしい作品なのは、異論を許さない。今後、新天地で活動を再開することを期待してやまない。

蒼の彼方のフォーリズム - Wikipedia

スポコン要素を主軸とするため日向晶也を脇役におく形でストーリーが進行する内容となっている。同様にフライングサーカスの動的描写を多めにし恋愛描写は省かれている。

関連記事

『蒼の彼方のフォーリズム』sprite活動休止!「EXTRA2」「ZWEI」も制作休止。なんでや!スイッチ版好調じゃなかったんか・・・


「蒼の彼方のフォーリズム」アニメは恋愛要素抜きという博打?に失敗した感もあるけど、そもそもノベルゲームのアニメ化自体が勝算低いからなぁ。「グリザイアの果実」みたいに女性受けすればワンチャンあるかもだけど。

あとは関連スタッフの新たな作品に期待するしか。