ビール離れ





ビール離れ止まらず、出荷量6年連続で過去最低 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ビール大手5社が11日発表した1~6月のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は、前年同期比3・6%減の1億8337万ケース(1ケース=大瓶20本換算)だった。比較可能な1992年以来、上半期としては6年連続で過去最低を更新した。

 出荷量は、上半期のピークだった2001年と比べ、3割強、減少した。若者を中心にチューハイやハイボールへと消費が移っていることに加え、昨年6月に導入された酒の安売り規制でスーパーなどの店頭価格が上昇し、ビール離れに拍車をかけた。




反応

ビール自体は高くないです。
税金が高いのです。


まず税金ばっかりで高くなった。
毎日は飲めないし、まずい第3のビール飲むくらいならチューハイやハイボールにいくよ。


皆貧乏でアルコール濃度高くて安いコスパがいい酒に流れてる。

若い人は宴会では飲むけど、家で晩酌する人が少なくなってるね。

ビール苦手な人が増えたのも勿論ある。
でもそれ以上に課税しすぎてる。企業努力で風味もビールに引けを取らない発泡酒やら第3のビールやらをうみだしても課税を高くされちゃね。


最近のビール、不味いなぁって思ってたら、ビールの基準が変わってたんだね。変な混ぜ物、増えちゃった。

酒離れというよりは多様化が進んだって感じか。敢えてビールって人は減っているだろうし。