マイクロソフト





Microsoftがヨーロッパ最大のゲーム見本市ゲームズコムでXbox向けに「サプライズ」を用意していることを明かす - GIGAZINE

MicrosoftでXbox広報担当を務める「Major Nelson」ことラリー・ハリーブ氏が、2018年8月21日からドイツで開催されるヨーロッパ最大級のゲーム関連イベントゲームズコムの中で、Xbox向けに新しい発表を用意していることを明かしています。

(中略)

当初、ハリーブ氏のブログ上では「まったく新しいXboxのハードウェアを発表する」と記されており、一部で開発がウワサされているXbox Oneの後継機・コードネーム「Scarlet」が発表されるのではと予測されましたが、ハリーブ氏はブログの記載を「Xbox Oneの新しいバンドルおよび新しいアクセサリー」に変更しており、新型ゲーム機のお披露目ではなく新型アクセサリーの登場であることが明らかになっています。

この「新しいアクセサリー」については、障がい者向けのコントローラー「Xbox Adaptive Controller」や、ワイヤレスコントローラーの「Sport White Special Edition」のようなものが予測されていますが、なぜか2017年になって復刻した初代Xboxのコントローラー「Duke」のようなひと癖あるアクセサリーが登場する可能性も十分にあります。


E3でもMSカンファが話題を独占しました。実質的に発表された話題作の殆どはマルチタイトルでしたが、金を使って先行発表しようとするだけ意気込みを感じます。新ハードの開発も既に表明していますし、Xbox360で北米を圧倒した時のように次世代の準備を着々と進めているようです。

今のソニーのトップは財務畑の人だし、PS5がこけたら10年後にSIEが解散していても俺は驚かない。