ドラゴンボール ファイターズ





“EVO 2018”の最終的なタイトル別参加者数がアナウンス、今年は“ストリートファイターV”を抑え「ドラゴンボール ファイターズ」が1位に ≪ doope! 国内外のゲーム情報サイト

今年2月上旬に“ブレイブルー クロスタッグバトル”や“ドラゴンボール ファイターズ”を含む(大会史上はじめてvsシリーズを含まない)8タイトルのラインアップが報じられた「EVO 2018」ですが、8月3日の開幕がいよいよ2週間後に迫るなか、予てから定期的にタイトル別の参加者数を報告していたイベントのボスJoey Cuellar氏が先ほど参加登録の受付終了をアナウンスし、最終的なタイトル別の参加者数ランキングを公開しました。

■ “EVO 2018”のタイトル別参加者数

1. ドラゴンボール ファイターズ:2530名 [初]
2. ストリートファイターV アーケードエディション:2421名 [前年比 -201]
3. 鉄拳7:1504名 [+226]
4. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U:1303名 [-212]
5. 大乱闘スマッシュブラザーズDX:1302名 [-133]
6. ブレイブルー クロスタッグバトル:1148名 [初]
7. Guilty Gear Xrd: Rev 2:621名 [-206]
8. Injustice 2:356名 [-477]


「ドラゴンボール ファイターズ」人気すげーな。確実に続編も制作中だろうな。