MacBook Pro





「MacBook Pro」の熱による性能低下の問題、OSアップデートで対処 - CNET Japan

新型「MacBook Pro」の性能をめぐって批判を浴びているAppleは、新しいソフトウェアアップデートが憤慨するパワーユーザーの頭を冷やしてくれるのではと期待している。

 発熱によってスロットリングが作動して性能が低下するという複数の報告を受けて、Appleは、原因は単純なソフトウェアのバグだったと判断し、これを修正するアップデートをリリースした。

 Appleの広報担当者は米国時間7月24日、米CNETに対して以下のように説明した。「さまざまな負荷の下での徹底的な性能試験に基づき、ファームウェアにデジタルキーが欠けていることが判明した。それが、熱管理システムに影響を与え、新型MacBook Proに高い熱負荷がかかった場合にクロック速度を引き下げる可能性がある」「バグ修正は、本日リリースする『macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Update』に含まれており、これを推奨する」

 「新しいシステムで最適な性能を体験できなかった顧客に謝罪する。当社のウェブサイトに示されている性能結果のとおり、15インチの新型MacBook Proは70%高速で、13インチのTouch Bar搭載MacBook Proは最大2倍高速であると期待することができる」(Apple)

AppleがMacBook Proで起きていた熱で「CPU本来の性能が出ない」問題を修正するソフトウェアアップデートをリリース - GIGAZINE

以下のベンチマークではエフェクトを適用した5分間の4Kムービーを、Final Cut Pro XおよびPremiere Proでレンダリングするのにかかった時間および、1分間の4.5K・RAWムービーをPremiere Proでレンダリングするのに要した時間を示しています。修正アップデートを行う前(青)と行った後(緑)が並べられており、アップデート後にレンダリング速度が向上していることは明らかです。



なお、修正アップデート前はCPUのクロック速度が最大4.17GHzまで上昇したものの、チップ温度が100度に達すると速度が急速に低下していき、ベンチマークテスト中は2.33~2.9GHzの間で変化するようになったそうです。しかし、アップデートを適用すると、CPUのクロック速度は3.5GHzで安定。低下しても3.1GHz程度までだったそうで、アップデート前と比べて明らかにクロック速度が安定していることがわかります。

反応

おー対応が早い!

i9熱問題がソフトウェアで解消されたか

ソフトで対応可能なのか・・・なんか2000年初頭のCPUの加熱問題思い出したw

買わなくて良かった、、って買えるかい

i9の性能もフルに発揮されているのかな?