健楽園





効能偽った健康食品販売の会社、初の業務禁止命令 TBS NEWS

「認知症やがんに効く」などと効能を偽って健康食品を販売したなどとして、消費者庁は健康食品販売会社などに初の業務禁止命令を出しました。

 特定商取引法違反で3か月の業務禁止命令を受けたのは、東京・豊島区にある健康食品の販売会社「健楽園」と実質的経営者の春藤隆部長です。

 消費者庁によりますと、健楽園は去年10月ごろから「がんにならないためには、これを飲んでいたらいい」「認知症にも効果があります」などと効能を偽って電話での勧誘、販売を繰り返し、この1年間でおよそ1億9000万円を売り上げていたということです。

 業務禁止命令は去年12月の法改正で新設された規定で、命令を受けた企業や従業員は、新しく法人を設立して同様の業務を行うことなどを禁じられます。消費者庁が業務禁止命令を出すのは初めてです。



反応

藁にもすがりたい人たちに、ひょいっと一垂らしするだけでこんなにも釣れるのだなぁ…

病人の弱みに付け込んで違法行為を働いたこの健楽園(與世田 朋史代表)みたいに、どれだけ違法で外道なことをやっても逮捕されるわけでもなく、たかだか業務停止命令程度で済むんじゃ、根っからの犯罪者にとっちゃサプリメント市場はやりたい放題の天国だろうなあ

こんな薬が出来たのなら世界中大騒ぎしてるはずなのにニュースにもならない

業務停止命令とか甘過ぎじゃね。俺も家族には「サプリや健康食品に金を使うな」と口を酸っぱく言ってるわ・・・。