スマホ投票





スマホアプリを使った「スマホ電子投票」がついに賛否両論の中で導入されることに - GIGAZINE

投票所にわざわざ足を運ばなくても、スマートフォンのアプリを操作するだけで選挙に投票できる仕組みが、2018年11月に実施されるアメリカの中間選挙で一部導入されることになりました。ウェストバージニア州が導入する「スマホ電子投票」は、当面はアメリカ国外で任務にあたる軍関係者に限定した運用になるのですが、セキュリティ関係者からは強い懸念を示す意見も挙がっており、賛否両論の状態で運用が開始されることになりそうです。

ウェストバージニア州で導入されるスマートフォンアプリによる電子投票システムは、専用のアプリ「Voatz」を使って投票するもの。ウェブサイトのトップページにはiPhoneの画面しか表示されていないのが気になるところではありますが、このアプリ以外からの投票はできない仕組みになっています。

電子投票を希望する有権者はまず政府が発行する身分証明書と自分の顔をムービーで自撮りしてアップロードし、システムへの登録を完了させる必要があります。アプリを開発した同名のVoatz社によると、投票システムに採用されている顔認証システムは同一人物であることを確実に保証できるとのことで、登録を完了させた有権者はVoatzアプリから投票することが可能になります。全ての投票データは匿名化され、仮想通貨で広く使われているブロックチェーンによって管理されることになります。

反応

セキュリティが心配だけど、スマホ電子投票は大賛成

米国で導入ってことは、そのうち日本でも(¬_¬)

アプリ&顔認証ってのがいいなぁ。 これが進めば在宅投票とかしやすくなんやろうな。 まあ、スマホとかいるけど。テレビとかで投票できないのかしら(笑)

やっとここまで来た とはいえ、まだまだ地区限定のテスト段階か… 日本ではいつになったら始まることやら

「顔認証とブロックチェーン技術を利用した投票アプリ」 日本では10年経てども此処まで到達できない気がする

投票率も少しは上がるはず。日本で実施するならマイナンバーカードと連動かな。