あめ玉





山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」 しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

報道によれば、ボランティアの男性は、北東側山中の沢周辺で男児を発見。「ぼく、ここ」と呼ぶ声があり近づくと、男児は裸足姿でしゃがんでいて「ぼく、ここ」と男性を呼んだという。

男性が飴を渡したところ、噛み砕いて元気よく食べたようだ。

ネット上では、男性を含め、ボランティアとして捜索に協力した人々の功績を称える声が相次いだ。

しかし、2歳というまだ幼い年齢の男児に飴を食べさせた行為について、疑問や批判の声も。

2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

反応

人がなした行為にいちいち重箱の隅をつつくようなことをするんじゃあない

これは窒息の危険よりカロリー摂取を優先させた結果でしょ
甘い物は精神的にも落ち着くし


ネット界隈では一部では発見時にあめ玉を食べさせたことを「2歳の子どもにアメは危険」って叩いてる人たちもいるんだとか こういう奴らを始末しないといけない

発見してくれた方への心ない批判に悲しくなるね
無事保護されてよかったね、発見して下さりありがとうじゃダメなのかね…

見つかったのはホンマ良かったが・・・