アップル





公取委、アップルを調査 ゲーム配信でヤフー妨害か (写真=ロイター) :日本経済新聞

問題になっているのは、ヤフーが自社サイトで提供する「ゲームプラス」と呼ぶ配信サービスだ。関係者によると、調査は2017年秋、ヤフーから経済産業省と公取委に報告が入り始まった。

 ゲームプラスは17年7月に開設。最大の特徴はアプリをダウンロードしなくても、サイト上でゲームを楽しめるようにしたことだ。開発者向けに独自エンジンを提供。各社が物販や課金を展開したり、ソフトを仕様変更しやすくしたりできるよう制約も大幅に減らした。アップルのアプリ配信サービス「アップストア」のルールに縛られない仕組みは画期的だった。

 スクウェア・エニックスなど52社が参加を表明。賛同するゲーム会社はさらに広がりそうな情勢を見せていた。ヤフーの利用者数は月6千万人を超す。検索履歴や広告、決済情報と組み合わせ、関連グッズの販売や新作開発でも各社を支援できる。将来的には業務用などゲーム以外のソフト配信も増やし、日本独自の「データ経済圏」に育てる計画だった。

 だが構想は急速にしぼんだ。ヤフーは昨秋、突如としてゲームプラスの予算を縮小。いまは広告や販促もほとんど停止した状態だ。スクエニもゲームプラス向けに開発した完全新作を投入したが、今年4月に提供を打ち切った。

 危機感を持ったアップルが圧力をかけ、顧客誘導や投資の縮小を迫った疑いがある。ヤフーもアップストアを通じてアプリを提供しており、アップルに収益の一部を依存している。「アップルから取引を拒否するという非公式の圧力があり、投資を止めざるを得なくなった」。ヤフーは複数の取引先に説明している。

関連記事

スクエニ、コーテクなども参入!ヤフー、なぜ今更「ブラウザゲーム」 → 「アップルやグーグルの30%手数料や審査の手間を回避するため」との見方

反応

小さいサービスが伸びにくくなるのはやだなぁ。
IT がつまらなくなりそう


同じくHTML5プラットフォームのenza(BXD)はどうなのよ?

こういうの読んで、アップルに嫌な印象抱いたとしてもやっぱりiPhone買うし、使い続けるよね。本気で圧力かけてたんなら公取委に頑張ってほしい

あー噂で出てたのはゲームプラスの方だったのか。ドリコムのenzaにも何かしらしてそうな気がするけど。

ゲームプラスがしぼんだ理由がAppleにあるのではというお話

プラットフォーマーは強いなぁ。行政がメスを入れないと、とたんに寡占し競争...

フォートナイトのPlayStore外しが話題になったけど、成功したらAndroidのみなんてアプリも増えてくるかもね。