携帯料金





菅官房長官の「料金4割下げられる」に対する携帯各社の反応 - ケータイ Watch

 菅義偉官房長官が「携帯電話料金は4割下げられる余地がある」と発言したという報道について、本誌では、携帯電話各社に確認を行った。各社は「サービスの向上に努める」とコメントしている。

 NTTドコモは、「docomo withやシンプルプラン、ベーシックパックなど還元策を要望にあわせて提供している。今回docomoとしてはお客さまサービスの向上を目指して、料金の見直しや拡充は順次展開したい。4割を下げる余地があるのか、という点については、お答えしかねるが、低廉な料金プランを用意しており、ある程度実現できてると考えている」とコメント。

 KDDIは「引き続き今後もお客さまのニーズに応えられるようサービスの向上に努めて参ります」、ソフトバンクは「引き続きお客さまにとってより良いサービスを検討していきます」と両社ともに、今後の検討に向けて努力するという姿勢を見せるコメントとなった。

反応
国民の財産である電波を利用して商売をしているのだ。もう少しユーザーのことを考えろと言いたい

つか、本当に大手3キャリアが料金4割下げたりしたらMVNOも全滅すると思うが。お上は一体どこを目指してるんだか

これねぇ、個人的には端末を正規価格でうればええんとちゃうのん、とか、簡単に考えてしまいます。端末が安いから、マナーの理解できない利用者が増えてるだけ、と思うんで。

「前向きに善処します」程度のコメント

大株主のゆうちょ銀行に格安SIM売らせて民業圧迫するぐらいしか思いつかんよ^_^

今だと、大体みんな8000円くらい払ってるよね…。家族がいるとさらに……。家計を圧迫させてるよね。4割削減ということは、5000円という事だよね。昔は料金980円+4480円とかだったよね……

儲けすぎってのは決算発表の時期にいつも思う事で、ちゃんとそれをユーザや社員や設備投資に還元しているように思えないのも事実。バランスやね。