テイルズオブ





コンシューマ向け「テイルズオブ」新作のため新体制が始動中

富澤祐介さん、樋口義人さんインタビュー

「テイルズオブシリーズのリマスターやリメイクはリクエストに応じて企画していくつもり」
「(富澤さんは)フェス2018で発表した新作も含め家庭用での展開において新たなプロデューサーとして取り組んでいく」
「まずはしばらくでていない家庭用の1本を出すことに注力する」
「クレストリアには直接関わっていない。オールスター系とは一線を画した完全新作のストーリーでシリーズの入り口になるよう企画されたタイトル」
「(富澤体制の状況は)何か話せる状況ではない。ただ水面下では一から関わっている」
「開発はバンダイナムコスタジオが担当。シリーズを築き上げた信頼できるメンバー」
樋口「僕はほかのタイトルを担当している」

【フラゲ】『テイルズオブヴェスペリア リマスター』富澤祐介Pと樋口義人Dへのインタビュー!「今後のテイルズは富澤Pが担当、開発はバンナムスタジオ」

・シリーズ全体を振り返ったときに、現行ハードで遊べなくなったタイトルがかなりの数に上っていた。

・遊びたいというユーザーの声に応える意味もあり、開発を始めた。

・スイッチやPCといった、これまで展開してこなかったプラットフォームで出すのも、多くのユーザーにアピールしたいから

・リマスターのベースはPS3版

・(今後過去作品のリマスターをする予定は?)原点となる作品を味わっていただく機会も必要かなと。それがリマスターなのかリメイクなのか、別の形なのかはわからないが、リクエストに応じて企画していく

・富澤は今後家庭用機での完全新作も含めテイルズオブシリーズのプロデューサーとして関わっていく。

・まずは家庭用で1本新作を出すことに注力する。

・テイルズオブクレストリアには富澤は直接関わってはいない。スマホRPGを遊ぶ新たなユーザーに向け、シリーズの入り口となるよう企画されたタイトル

・家庭用新作はまだお話しできる状況ではない。強い思いを持って開発に臨んでいる

・家庭用新作はバンダイナムコスタジオが担当

・樋口は別のタイトルに関わっている


関連記事

【テイルズオブ新作】スマホ完全新作『テイルズ オブ クレストリア』発表にファン「もう据置は終わり」「マザーシップは別にあるはず」「罪と罰の二部作じゃね?」との声


昨日発表された「テイルズ オブ クレストリア」にガッカリする声もありましたが、一応今年のテイフェスで「家庭用新作」もアナウンスされていますので、来年のテイフェスあたりでしょうかねぇ。PS4/Switchか、Switch独占の可能性も。