セーブデータお預かり





Nintendo Switch Onlineのセーブデータお預かり、解約後には削除?FAQに記述が見つかる - Engadget 日本版

今月19日(火)に正式スタートする、ニンテンドースイッチ向け有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」。その目玉機能の1つである「セーブデータお預かり」、すなわちクラウド上へのセーブデータが、同サービスの利用期間外(解約後)の保管を「保証いたしかねます」と公式FAQに記載されていることが明らかとなりました。

同様のFAQは米任天堂サイトにも確認されています。そちらに付記された「スイッチ本体に保存されたセーブデータは引き続きご使用できます」との一文から、クラウド上のセーブデータは利用期間の終了後に削除される可能性がうかがえます。

(中略)

ちなみにマイクロソフトのXbox Oneは、ゴールドサブスクリプション(有料オンラインサービス)を契約していなくてもクラウドへのデータセーブが可能です。

かたやソニーのPS Plusも、解約後6ヶ月はクラウドセーブデータは保持され、その間に再契約すればアクセスできます。つまり「有料サービスの解約後にクラウド上のセーブデータを直ちに消す」ことは一般的ではありません。

(中略)

セーブデータお預かりが有料オンラインサービスを解約することへの抑止力にもなり、外部ストレージへのバックアップ禁止によりスイッチのシステムを守れる。長年にわたりハードの改造や海賊ソフトと戦ってきた任天堂がたどり着いた最適解かもしれません。


「保障いたしかねます」ですから暫くは残りそうだけど、運用ルールは詳細を明記した方がいいよね。そのうち改定されそう。