ラッキー








一粒万倍日 - Wikipedia
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。

反応
一粒万倍、、、なんだかキャラメルを思い浮かべてしまいました(笑) (一粒300メートル)

一粒万倍日 って パチンコ用語と思ってました…恥ず

なんということでしょう今日は大安一粒万倍日なので住吉大社の種貸社に参ればお金とのご縁がそれはもう大変。とにかく大変。

今日は大安の一粒万倍日だから宝くじ買いに行くぜ!!

ガチャの引きすぎにはご注意を。