かめとめ





『カメラを止めるな!』もし広瀬すず、菅田将暉、大泉洋で撮影したら「4億かかると言われた」(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース

 同作は予算300万円での製作という点も話題を呼んでいるが上田監督は「300万円というのはあくまで実費。本作はワークショップの一環として始めた作品なのでキャスト費が出ていないんです。これが最初から商業映画として作られていたら有名俳優でなくても3000万は必要だったと思います」と明かし「ちなみに本作を広瀬すず、菅田将暉、大泉洋で作ったとしたら4億かかるだろうとプロデューサーが言っていました(笑)」。一方で「限られた状況でギリギリの戦いをするのが好き」とも語り、大絶賛のクライマックスについても「単純にお金が無かったからあのようになった(笑)。お金があったら同じようにはなっていなかったと思う」と語った。

反応
たいして期待しないで見たけど、マジで面白かったなあ、、こうした才能ある監督が認められたのは本当に嬉しい。見る側も漫画の実写化にうんざりしてたから、これがまた一段と人気を高めた要因もあるんじゃないかな。 一番凄いのはまだ上映が2、3館程度の頃に見つけた人ね。しかも自分が最初にこの映画見つけた!ってSNSなんかでバカなアピールをしないのもいい。

映画の善し悪しは置いといて、低予算で作った事をフィーチャーすべきではない。
それ相応に労働の搾取が行われる映画界の悪しき実態に拍車をかけるべきではない。
あの作品はいくらで撮ったとかデフレプロジェクトが美談になってはならない。
自主映画ならまだしも、それでお金儲けをするなら、絶対にダメ。

これって誰かわからない人が出てるから展開が読めなくて面白いんでしょ?
有名どころが出たらそれは違う気がしちゃうけどなー

4億かけないで良かったね。
つまりネームバリューがないだけで、芝居は良い役者達だったって事でしょ?
すごいじゃん!

まぁ著名芸能人使ったらこうなるよね。