ゲーム機





秋の夜長にゲーム三昧… それってもしかして「ゲーム障害」かも?〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

いまやゲーム人口は数知れないが、趣味の一つとしてたまに楽しんでいる人から、昼夜を問わずのめり込んでいる人までさまざま。このなかでゲーム依存症の人と、そうではない人の境目はどこにあるのか。長年、依存症の治療にあたってきた成城墨岡クリニック院長で精神科医の墨岡孝医師は、依存症を見分けるポイントは次の三つだと言う。

【墨岡医師による依存症を見分ける三つのポイント】
・本人や家族ら周囲の人の心身の健康に支障が出ていないか、社会に迷惑をかけていないか
・自分の意思でコントロールできているか
・ゲーム機をなくしたときに、「どうしても手に入れたい」という欲望(探索行動)が起きるか

「ゲームにのめり込むあまり、本人は学校に行けなくなり、家族とのトラブルを引き起こします。やめようとしても自分一人ではやめられず、時間制限を守れません。そして、スマホなどを家族が隠したとしても必死で探そうとします。これらに当てはまれば、ゲーム依存症のおそれがあります」


反応
それを言い始めたらスペシャリスト(ある分野に特化した人)と呼ばれる人はある種の障害なんじゃない?あと社畜も。

ゲーム障害とか言ってんなよ、外に出れば物は高い、犯罪には巻き込まれる誰かと遊ぶにしたって仕事や用事で遊べない。外にでるメリットが少なすぎる!ゲームは課金しなきゃかからないネット仲間はいる犯罪に巻き込まれる確率が低くなるこれだけメリットあるんだから断然ゲームを選ぶよ

ここでいうゲーム障害は昔から廃人といわれて話題になってきました
時間以外に浪費するものが少ないのであまり被害は拡大しませんが、
それでも家族にとってはいい迷惑で、本人にとってもマイナスなので、早めに依存から脱却できるように行動しないといけませんね

昔の時代だと麻雀障害やら外車障害、タクシー障害など様々な名が付けられただろうね。

原因であるオンラインゲーム等を規制する日本でいえば消費者保護の問題なのに病気とか言ってる勘違い系が日本ではマスコミにも見られる。
一部の国は既に規制しているが日本はコンプガチャ以外野放し

ゲーム機をなくすって経験ないけど、親に隠されるとか壊されるとかのパターンか。