電子書籍





よく本を読む人ほど「電子書籍」を利用 出版関連業者の苦戦続く

よく読書をする人ほど電子書籍の利用率が高く、大切な本は紙、移動中の本は電子書籍を選ぶなど、使い分けも進んでいるようだ。

株式会社マクロミルは、15歳から69歳の男女2,000名を対象に本や書店に関する利用意識を調査し、その結果を9月25日に発表した。調査期間は8月14日から15日にかけて。


紙の書籍と電子書籍の利用率を調べると、「紙の書籍」が84.5%、「電子書籍」が35.6%で、電子書籍が普及する中で紙の書籍の利用率が圧倒的に高かった。



 しかし、読書の頻度別の利用率は、「週に1冊以上」読書をする層で「紙の書籍」が32%で「電子書籍」が40%になり、電子書籍の方がやや多い結果となった。特に「1日に1冊以上」読書をする層では「電子書籍」が12.2%で「紙の書籍」を9ポイント上回り、読書の頻度が高い層ほど電子書籍を利用する傾向が高かった。



反応
それを「苦戦」とするあたり出版社はダメ

缶コーヒーとサイフォンで淹れるコーヒーの違いというか。中身が肝心なら電子。趣味なら紙がいいってとこかね

技術書とか類語辞書とかはフォーマットまだまだ研究の余地があるけど、漫画はかさばらないし持ち歩けるから、断然電子だな

場所も取らなきゃセールで買えるのだから、むしろ本当の本好きこそ電書を選択するんだよとしか

そりゃそうだ。バスでほぼ毎日読むから電子の方が圧倒的に読みやすいし買いやすい。よく読む人ほど便利な方使うでしょ。

確かに。カバンに本を入れて持ち歩くと、重い。
特にハードカバーは、嫌だな。で、電子書籍になります。
しかし、電子化されるのが遅い物があるのがちょっと不満ですね。

当たり前やな。「紙の本出ないと読んだ気がしない」とか言ってる奴は大抵読んでる雰囲気を楽しんでいるだけやし。