放置預金





放置預金に注意、10年で国が管理 19年1月から  :日本経済新聞

国は来年1月から、10年以上放置された預金を社会事業に活用する。国が新法を施行し、管理主体を銀行から国に変更したためだ。潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る見通し。本人が気付かなければ権利は国に移り、申し出なければ手元に戻らない。憲法の財産権を守りつつも、国が私有財産を動かす異例の試み。眠った資金を有効活用するためとはいえ、預金者は注意が必要だ。

10年以上放置された預金は休眠預金と呼ばれる。今年1月に施行した休眠預金等活用法によると、全金融機関に対し「入出金」があれば休眠預金に該当しないよう義務付けた。財形貯蓄や外貨預金は対象外となる。

(中略)

所管する金融庁によると、休眠預金はここ数年、年700億円規模、年700万口座が放置されている。17年3月期は約1270億円の休眠預金が発生し払い戻したのは約569億円。払戻率は半分以下だった。08年以降を調べると、休眠預金は6238億円滞留し、対象口座は少なくとも6523万だった。

もっとも、休眠預金は国が「没収」する訳ではない。憲法の財産権を守る必要があるためだ。いつでも請求すれば払い戻しは可能だ。通帳や口座番号など過去の取引を確認できる書類を用意した上で、金融機関に問い合わせれば、預金を取り戻せる。通帳や印鑑、免許証などの本人確認書類を持参すれば銀行の窓口で引き出せる。

しかし、注意点は多い。一つは「本人が申し出る必要があること」だ。最も多いケースは引っ越した後、登録住所を変更していない場合。そもそも本人がどの銀行に預金していたかを忘れてしまったり、本人が認知症で思い出せなかったりする場合も取り戻すのは難しくなる。本人が休眠預金の存在に気付かなければ、失ってしまったことと同義だ。

反応
「申し出なければ元に戻らない」って書き方がなぁ…申し出れば元に戻るんでしょ、ならいいじゃん。これからの高齢化の時代、孤独死したような年寄りの財産いつまでも残して置いたって仕方ない。社会のために役立てよう。

早くても30年じゃね?タンス預金増えそうだな

若者には長いかもしれない10年だが、私くらいになると10年は短いな……通帳のない口座が増えている今、親がネット銀行に口座持ってたら、こんなん知らない間に国に持っていかれてるわ。

すぐ金にならない放置不動産は後回しかい。これだけ地震や豪雨が起きてる中、大きなごみが倒れたり流れてけがするかもしれない危険は放置ですか。国民より金なのよね… -

問題なのは認知症になった老人しか管理していない預金やな。お金の話は家族が元気なうちにしておくべき。俺もそろそろやな。