ガンダム





ガンダム:ラストシューティングが浮世絵に 「富士越龍図」風 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」の名場面「ラストシューティング」を浮世絵風に描いた「浮世絵×機動戦士ガンダム 額装パネル(ラストシューティング)」が、バンダイから発売されることが19日、分かった。価格は5万円(税抜き・以下同)。

 アニメなどと日本の伝統工芸を融合する伝統工芸シリーズから発売。江戸浮世絵木版画の技術で、葛飾北斎の「富士越龍図」風にラストシューティングを描いた。

 ガンダムやガンキャノン、 ガンタンクを月岡芳年の「月百姿」風に描いた「千社札×機動戦士ガンダム 額装パネル(地球連邦軍V作戦)」も発売される。価格は2万7000円。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」などで予約を受け付けている。12月に発送予定。





反応
うーん、無理に組み合わせなくてもいいような気がする...

きっと企画段階では海外観光客向けだ!とか日本の文化を! とか色々盛り上がったけど、実際作ってみたら「なんかたいしたことないね」という会話が想像できる。

ごめん、いらない(笑)

ガンダムに思い入れの無い人達が作ればこうなる。
ガンダムで金儲けしたいだけの人達。

ガンダム好きなら買うと思った?
世代が世代なだけに高額でも金落とすとでも?
絶対ガンダム好きが企画してないでしょ、これ。
なめんなよ。

これはさすがにセンスを疑う...。( ̄▽ ̄;)

フォトショ使ったら簡単にできそうってのがなぁ。せめてガンダム本体も浮世絵風ならともかく。百式リュックとかもそうだけど、もう少し考えてほしい。