WSJ





ソニー、ゲームでは任天堂より上手 株価は割安 | The Wall Street Journal発 | ダイヤモンド・オンライン

8000万人を超えるユーザーがいればかなりの収益性を得られることは、ソニーを見れば分かる。

ソニーが30日に発表した7-9月期(第2四半期)決算は予想を上回った。主なけん引役はゲームだ。会社全体の40%近くを占めるゲーム部門の営業利益は前年同期から65%増加した。

相変わらずの「プレイステーション(PS)4」人気が貢献したのは確かだ。2013年の発売以来、累計販売台数は8600万台に達している。肝心なのは、ゲーム機が売れるほどゲームソフトも売れることだ。ゲームソフトの方がハードウエアより利益率が良い。ソニーが自ら手掛けたゲームソフト「Marvel’s Spider-Man」は、先月の発売後わずか3日間で330万本売れた。ゲーム部門の7-9月期営業利益率は16.5%と、会社全体の11%を大きく上回った。

EMIミュージック・パブリッシング株60%を23億ドルで取得する計画は年内に完了する見通しだ。ソニーはそれによる上乗せ分を織り込み2019年3月期の営業利益見通しを30%上方修正。過去最高の8700億円を見込んでいる。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスがまとめた予想を9%上回る金額だ。ソニーは利益予想を低めに見積もる傾向があるため、実際の金額はさらに増える可能性もある。


対照的なのが任天堂だ。7-9月期の営業利益は30%増加したが、アナリスト予想には届かなかった。昨年3月に発売したゲーム機「Switch(スイッチ)」の販売が予想ほど伸びていないからだ。向こう2カ月の年末商戦で飛ぶように売れれば話は別だが、19年3月期の目標2000万台は未達になる公算が大きい。上半期の販売台数は500万台にとどまった。


WSJ望月氏の記事かと思ったら違った。モッチーが任天堂下げるような記事は書かんよな。