iPhone





世界のスマホ販売シェア、日本のiPhoneシェアは28.2%で前年同期比減 - iPhone Mania

調査会社Kantar Worldpanelが、2018年7月 9月期の世界主要国におけるスマートフォンの販売シェアを公開しました。日本におけるiPhoneのシェアは28.2%で、前年同期比で4.8ポイント減少しています。

Kantar Worldpanelによると、日本におけるiPhoneの販売シェアは28.2%で、トップを維持していますが、前年同期の33.0%からシェアを4.8ポイント落としています。

日本市場でAppleのシェアが高い状況は以前と同じですが、シャープとHuaweiの猛烈な追い上げを受けており、シャープは前年同期比6ポイント、Huaweiは3.2%それぞれシェアを伸ばしています。



アメリカでは、発売直後のiPhone XSとiPhone XS Maxが好調だったほか、ホームボタン付きの最終モデルとなったiPhone8/8 Plusの人気も高かったことから、iPhoneのシェアは39.7%と、前年同期比で5ポイント伸びています。


日本は電車移動する人も多く、片手で操作出来る小型スマホの愛用者が昨今の大型化に反発。そして、庶民の貧困化で高額端末に手を出せないという流れでしょうか。日本でも特に10代がiPhone支持率が高かったわけですが、10万オーバーの端末はさすがに親もポンとは買い与えてくれないでしょうし。