居酒屋社長





アルバイトも「経営者」 店を動かす意識を持とう  :日本経済新聞

「居酒屋の神様」と言われる楽コーポレーションの宇野隆史社長。東京・下北沢の「汁べゑ」などの人気居酒屋を経営し、何百人もの飲食店経営者を育ててきた。外食一筋約50年の経験から、繁盛店を作る方法を指南する。

オレが視察で地方に行ったときのことだけどね。店長が代わったうちの店が目標の売り上げを達成したって、電話で連絡してきたの。電話をくれたのは、新人のアルバイトでね。店長があえて彼に連絡を頼んだんだろう。

アルバイトに売り上げ成績の報告を任せれば、それだけでも「経営に参加している」という意識が高まる。売り上げ成績の良い報告ができればアルバイトだってうれしいだろうし、売ることの喜びも実感できるようになる。そうすれば、売る意識を強く持ってフロアに立ち接客できる。こういう店は伸びるよね。

飲食店は、アルバイトの力が8割、社員の力2割で成り立っているとオレは思うわけ。社員だけ頑張っても、やる気のないアルバイトがいたら、お客さんにはいい店には見えないよね。

だから、アルバイトが「自分も店を動かしている」という「経営者意識」を持って、やりがいのある仕事ができるようにすることがすごく大切になるんだ。

反応
いわゆる「日本のベンチャー企業」とかの社長でこういう事を平気で言う人が多い。(経験則) 経営者と同じ意識を持ってたら起業するわ。

こういうのをやりがい搾取という

社長と同じ給料もらったらそういう意識が芽生えるんでは

アホか。自給900-1000円で経営者の働きを期待すんな。バイトはバイトだ。経営者の給料やるなら問題ないけどね。 なんで責任と働きだけ経営者の自覚を求めるんだよ。

時給は1万円か?

正直賛同しかねる アルバイトはアルバイト。一緒に働く仲間ではあるが、会社発展の未来を願う同志ではない。 それ故に仕事の内容も経営者とはまた違った役割に配置されるのだろうし

前のバイト先も時給低いのに企画書かけとか言ってきたし、きちんとした休憩取らせないくせに勝手に休憩時間引いてて完全に違法だったからやめた。

会社勤めのサラリーマンでも「ヒラのうちから上司と同じ目線で考えろ」とか言われるよね。