睡眠の重要性!





日本が「睡眠不足大国」に転落した3つの事情 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

働く世代の男女に共通する「睡眠不足になる理由」は大きく分けて3つあります。

①働きすぎ
OECDによる労働時間の国際比較調査でも明らかになっていますが、日本人の労働時間は、年間では減少傾向にあるものの、平日1日あたりの労働時間は増えています。土日に休む分、残業時間が多く、米国やフランスの約3倍という報告もあります。

②長すぎる通勤時間
通勤時間の長さも一因です。とりわけ都市部でその傾向が顕著で、通勤時間と睡眠時間が完全に逆相関しているのです。

総務省統計局が行った「平成28年 社会生活基本調査」の結果をもとに通勤時間と睡眠時間の関係を分析すると、平日は、通勤時間が長い都市部の人ほど睡眠時間が短いことがわかります。休日については、どの都道府県でも平日より多く寝ていて地域差も小さくなっています。また、通勤時間が長い人ほど休日に長く寝ていることがわかります。

③長すぎるスマホ利用
もう1つの大きな要因は、IT機器の使用時間が格段に増えたことです。

東京都が睡眠不足の人に原因をリサーチしたところ、過半数が「スマホとパソコン」を挙げています。特にスマホは起きている間じゅう手離さず、「近くにないと具合が悪くなる」という声もあるほどです。

反応
そりゃ政府が悪いわ 悪いシステムを排除するどころか推進してるんだから 国民のほうを向いてる大政党が不在

睡眠は大事だね。 高プロ制度なんかは明らかに時代の流れに逆行する悪法…

3つの事情ともあてはまってんの草

他の人も書いているように、サービス過剰の争いで営業時間の延長や、納期の短縮化による勤務時間の激務などが問題であって、時間に余裕を持たさない結果だと思う。

働きすぎなどはもちろんそうだと思いますが、自分の睡眠時間をあまり意識してない人を見ると、「自己管理への意識が少し低いんじゃないかな」と思うことは時々あります。

ぶっちゃけ、睡眠時間キープだけでそれなりに健康は保てる。