大気汚染!






大気汚染は知能を低下させるという研究発表 - GIGAZINE

汚れた空気が気管支などへ悪影響を与えることは知られていましたが、「知能を低下させる」可能性があることもわかりました。

北京大学とイエール大学の共同研究グループが、中国の162の地域に住む2万5000人以上の被験者を対象に、大気汚染が知能に与え得る影響を調査しました。研究では定期的に被験者に口述での言語能力や数学の試験から知能を測定した上で、被験者が住む地域の二酸化硫黄や二酸化窒素に加えて、10マイクロメートル未満の粒子状物質「PM10」の量を計測したデータと照らし合わせることで、大気汚染と知能低下の関係性を分析したとのこと。

その結果、汚れた空気への累積的にさらされることで認知能力が低下することがわかりました。男性と女性を比較したところ、男性の方がより大気汚染での知能低下のリスクが大きいことや、年少者ほど悪影響を受けるリスクが高いこともわかったそうです。研究に参加したシー・チェン教授は、「汚れた空気は教育レベルを1年分遅くする可能性がある」と述べています。

反応
大気汚染でそうなら、当然タバコでも似たような害が生じると考えるのが妥当だなぁ。 禁煙者がルールもろくに守れない低知能な人間ばかりというのも頷けるな。

悪知恵は十分に働いてると思うけどね

あれだけ空気も水も汚いとストレスフルな毎日で何かと脳にも悪影響有りそうだね。

見りゃ分かる。

納得しました。
やはりこういうのは隣国にも影響しますよね!

知能低下はそれだけじゃないような気もする・・・