てれび!






「銀ブラ」語源、銀座でブラジルコーヒーが「正解」 「ふしぎ発見」紹介で議論...識者に聞く : J-CASTニュース

2018年11月10日放送の「日立 世界ふしぎ発見」(TBS系)では「銀ブラ」の語源に言及した。番組では一般的に知られる「銀座をブラブラ歩くこと」のほかにも意味があるという「説」があるとし、スタジオでクイズを出題。その正解として「銀座でブラジルコーヒーを飲むこと」という意味を紹介した。

1911年開業の老舗カフェ「銀座 カフェーパウリスタ」の相談役・長谷川泰三さんは番組中で、

「カフェーパウリスタはブラジルコーヒーに特化した専門店である。そして銀座にあるパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行くことを銀ブラといったわけなんです」

と説明した。カフェーパウリスタでは「銀ブラ証明書」がもらえるといい、証明書には、「あなたは本日、銀ブラ(銀座通りを歩いてカフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行くこと)を楽しんだ事を証明します。」と記載がある――といった紹介がされた。

この「銀ブラ」=「銀座でブラジルコーヒー」説は、以前からカフェーパウリスタが中心になって紹介してきたものだ。公式サイトでも


「語源は銀座パウリスタに一杯五銭のコーヒーを飲みに行くこと。」
「銀座の銀とブラジルコーヒーのブラを取った新語で、大正2年(大正4年説もある)に慶應大学の学生たち(小泉信三、久保田万太郎、佐藤春夫、堀口大学、水上滝太郎、小島政二郎)が作った言葉です。」

と記載している。

(中略)

「世界ふしぎ発見」の放送終了後も、『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明さんや、ライターの杉村喜光(知泉)さんなどが疑問を呈し、ネット上では物議を醸している。

杉村さん
「11月10日放送の #世界ふしぎ発見 で『銀ブラの語源』として『銀座でブラジルコーヒーを飲む』が正解となる問題がでました。番組では『銀座でブラブラ』も挙げ諸説あるとしていたけど、ブラジルコーヒー説は出典の判明しているガセです」(2018年11月12日)

『三省堂国語辞典』編集委員の飯間さん
「杉村さんの報告を拝見するかぎり、番組は『銀座でぶらぶら』が事実に合った語源だと知りつつ、意識的に誤った語源説を流したのでしょう。『諸説あります』というごまかしの呪文を安易に使って、フェイクを放送することに罪悪感を持たなくなった。結果として、番組全体の信用を落とすことになりました」(2018年11月12日)

と投稿。2014年7月7日にも『三省堂国語辞典』(第7版)を引用し、

「『三省堂国語辞典』では『銀ぶら』は〈東京の銀座通りをぶらぶら散歩すること〉と説明。『銀座でブラジルコーヒー』説を誤りとしています。『ブラジル』説は商業的に宣伝されだしたもので、古い文献にはありません(あるように宣伝しているが、誤り)。」

と、投稿している。

銀ぶら - Wikipedia

銀ぶら(ぎんぶら)は、大正時代からの俗語で、「銀座の街をぶらぶら散歩すること[1][2]」である。「銀ブラ」とも表記する。

一般の国語辞典・俗語辞典などは、「銀座をぶらぶら歩く」「銀座をぶらつく」などの縮約形であることを前提に記述する。近年、銀座のコーヒー店などが異なる語源説を主張し、店内でも宣伝している(#ブラジル産コーヒーとの関係参照)が、語源として「東京の銀座に在るカフェーパウリスタでブラジル産コーヒーを飲むことである」、とする記述は信用できる一次資料がない。

反応
最近この番組はこういうわけわからない企画でそのへんの商店街をまわって終わり、日本と世界の共通点探して地方でインタビューみたいな回が多い。
制作費の関係だろうけど全然世界に出ていかないし。

ただコーヒー屋が便乗して儲けたかったという話に思える。

昨年のNHK朝ドラ「ひよっこ」では銀座でブラブラだと説明していたな
まあどうでもいいけど

とっくりマナーとかもそうだけど、テレビはフェイクギリギリの情報を押しつけて来るのが害悪だよなぁ。