NVIDIA






NVIDIA,「TITAN RTX」を発表。TU102コアのフルスペックで2499ドル - 4Gamer.net

 北米時間2018年12月3日,NVIDIAは,Turing世代のTITANとなる「NVIDIA TITAN RTX」(以下,TITAN RTX)を発表した。発表時点ではまだ注文受け付けが始まっていないが,北米市場における直販価格は2499ドル(税別)と予告されている。

 NVIDIAの発表によると,TITAN RTXは「TU102」コアのフルスペック版を採用する製品だ。つまりGPUの規模としては「Quadro RTX 8000」「Quadro RTX 6000」と同じということになる。

 Turingアーキテクチャでは,「CUDA Core」数にして64基分に相当する演算器が,リアルタイムレイトレーシング用アクセラレータ「RT Core」1基およびAI推論エンジンアクセラレータとしての「Tensor Core」8基などと一緒に演算ユニットたる「Streaming Multiprocessor」(以下,SM)を構成する。「GeForce RTX 2080 Ti」(以下,RTX 2080 Ti)だとSM数は68基で,それゆえ総CUDA Core数は4352基,総RT Core数は68基,総Tensor Core数は544基となるわけだが,TU102のフルスペックとなるTITAN RTXはこれが順に4608基,72基,576基となるのが見どころだ。

 また,2080 Tiの場合は搭載するGDDR6グラフィックスメモリのバスインタフェースが352bitで,容量は11GBとなるところが,TITAN RTXでは384bit,容量24GBとなるのも大きな違いと言えるだろう。



反応
おま国価格で30万越え確実ですね!

いや、欲しすぎるw

直販で2499ドル…こんなので組む人は、他の構成どうするんだろうなw
当然、お金に糸目つけないんだろうけど…うらやましい話だなw

VRAM24GBというところがね

そいや、仮想通貨ブームも落ち着いてきたので1080系の値段も手頃になりそうなんかな?