タクシー






DeNAが「0円タクシー」 広告主が運賃支払い  :日本経済新聞

DeNAは5日、運賃を広告主が負担する「0円タクシー」の配車サービスを都内で始めた。日本ではスマートフォン(スマホ)を使った配車サービスが乱立し、先行する日本交通系をソニー陣営、ライドシェア大手などが追う。人工知能(AI)の活用や広告との融合などで利用者とタクシー会社を囲い込み、自動運転時代の移動サービスにつなげようとする動きが激しくなってきた。

「0円タクシー」は車内の画面で広告映像を流すほか、車体にも商品などの広告を掲載する。タクシーの運賃は法律で範囲が決められている。運賃を無料にするのではなく、広告主やDeNAが負担する仕組みにすることで法律的な問題をクリアしたという。

まず日清食品がスポンサーとなり、同社の即席麺の広告を掲載する50台を運行させる。配車エリアは港区や中央区などの都心部に限られるが、東京23区内全域への運行が可能だ。








反応
これ結構クレバーだよなあー

これに乗るのはちょっと恥ずかしい気がする

都内でこれ見かけた!うまい仕組みですねー。

え?このサービスヤバイやんか
無料とか今の時代やからできるサービスやね。東京に居てたら絶対利用するわ

アイディアネタとしてよく出てくるネタを実現させたパターン
50台限定スタートとはいえ23区内無料はすげぇ

乗るのはかなり激戦だろうけど、機会があるなら一度乗ってみたいねぇ。