新海さん






新海誠監督、最新作映画『天気の子』が2019年7月19日に公開決定! | アニメイトタイムズ

『君の名は。』『秒速5センチメートル』といった名作アニメを世に送り続けているアニメーション監督、新海誠さん。今回、新海監督の最新作映画『天気の子』が2019年7月19日に公開されることが、ついに発表されました!

情報公開となった2018年12月13日は、都内某所で『天気の子』製作記者会見が行われ、本作のポスタービジュアル、出演キャスト、公開日、スタッフ情報などが発表。

全世界待望ーー新海誠監督 最新作

今や、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠。

叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“新海誠ワールド”は、国内外問わず多くの人々に支持され、生み出された作品は高く評価されてきた。

そして、前作『君の名は。』から3年ーー待望の最新作が、ついに始動する。

これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語

新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。

東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。

ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。

2019年夏、世界はアニメーション映画の新たな境地を目撃する。



ストーリー
「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。

彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。

それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だったーー

スタッフ
今回公開されたスタッフは、田中将賀さんと田村篤さん。

田中さんは前作の『君の名は。』のキャラクターデザインはもちろんのこと、『とらドラ!』(2008年)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(2018年)などのキャラクターデザインなども務めています。

田村さんはスタジオジブリで『もののけ姫』(1997年)、『千と千尋の神隠し』(2001年)、『ハウルの動く城』(2004年)、『崖の上のポニョ』(2008年)などで動画、原画を担当。その他にも『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年)、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』などにも参加しています。

歴代の名クリエイターと新海監督がどのような化学反応を起こすのかにも注目です。

新海誠:3年ぶり新作「天気の子」19年7月公開 声優に若手俳優2人を大抜てき - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 会見には新海監督、声優を務める俳優の醍醐虎汰郎さん(18)、女優の森七菜さん(17)らが出席。川村元気プロデューサー、川口典孝プロデューサーも参加した。

 「天気の子」は、天候の調和が狂っている時代、運命に左右される少年と少女が、自らの生き方を選択する物語。東京にやってきた家出少年・帆高(醍醐さん)が、不思議な力を持つ少女・陽菜(森さん)と出会い、恋に落ちる……という展開になるという。





反応
新海誠に壮大な話を書かせたらあかんよ

また主役は俳優か

色々とハードル高いんだろうけどそれらを軽く越えるような映画になることを期待、…と、ハードルを上げてみる(笑)。

まーた新海が異様に持ち上げられる流れが来るのか…

絶大なプレッシャーの中で作る本作で、彼の真価が問われることになる。ライバル?の細田さんは『未来のミライ』でやや苦い思いをしたが、さて新海さんはいかに…

前作が評価以上にヒットしすぎたという印象もあるので、はたしてどうなるのか・・・は興味あります。丸戸史明さんやタカヒロさんの「太陽の子」と混同したのは内緒(笑)作ってないだろうなぁ。