iPadPro






Apple、新型「iPad Pro」の湾曲問題に対するサポート文書を公開 ー 偏差0.4mmまでは仕様 | 気になる、記になる…

昨年末、Appleが新型「iPad Pro」の湾曲問題について、出荷時点で湾曲しているのは仕様で欠陥ではないとの回答をした事が話題になりましたが、本日、米Appleがこの件に関するサポート文書を公開しました。

Appleは新型「iPad Pro」について、精密な製造技術と厳格な検査プロセスにより前世代よりもさらにフラットになっており、フラットネス (平面度) の仕様では、どの側面においても、その全長にわたって偏差400ミクロン以下 (紙4枚の厚さ未満) しか許容されていないと述べています。

なお、新型「iPad Pro」がで仕様を満たしていないと思う場合は、Appleサポートに問い合わせて欲しいそうです。

反応
美しさを追求してるメーカーが「許容範囲」とかどうなんだろうねぇ そういう問題じゃないだろって

こんな品質を許すようでは益々落ちそうな人気…。

『歪みは誤差0.4mm』って意味が分かるような、わからないような(^_^;) 平面度の公差0.4mm? この手の製品としてあり得ない不良?設計?だと思うけど

まぁどうしようもないのだろうけど、そんなに薄くしなければいいじゃんって気もした。厚みあれば、バッテリーも多く搭載できるし。