いえみつ






徳川家光が描いた「ゆるカワ」水墨画が話題「唯一無二の存在」 - ライブドアニュース

 江戸幕府の3代将軍・徳川家光が描いた水墨画が「ゆるカワイイ」と話題になっている。

 家光が描いたこの動物画の実物が、今年3月16日から東京・府中市美術館で初公開される。“生まれながらの将軍”のイメージとは正反対に、『兎』や『木兎(ミミズク)』『鳳凰』などが脱力感のあるタッチで描かれている。





これらは絵としてうまいのか。府中市美術館・担当学芸員の金子さんは「うまい・へた基準価値だと、うまくはない」と評価。とはいえ、「江戸時代は浮世絵など決まった描き方があるが、家光はそれをわかっていて独特に描いている。他と一線を引いた、超越した唯一無二の存在」だという。

反応
いい感じにゆるいw

ぴよ鳳凰がめちゃくちゃ好きなんですが…

他人の絵が微妙だった場合の評価に使えそう…

画伯だ!

鳥獣戯画かと思ったけど違うんだよね…???

水墨画の作法なんて知らんが、これキャラクターになってる

鳳凰の脱力感がすごい。うさぎは侍?みたいな格好してるし。正直下手wだけどすごく緩やかで素直な感じがするから、性格は気取った人ではなかったんだろうと思う。プライドが高い人ならこの作品は燃やすだろうw

生まれてきた時代を間違えたのかもしれん。