まなー






ホンネの就活ツッコミ論(90)  ペットボトルで就活が失敗も~大学の日常を引きずる怖さとは|石渡嶺司|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

講義を受けている最中に机にペットボトルを出しっぱなしにする。もはや大学の日常と言ってもいいでしょう。大学や講義によっては教員の話を聞きながら飲む学生も珍しくありません。

 このマナー違反は「今どきの学生は」論で語ることもできます。ただ、大学や講義によっては昼食休憩の時間が取れないので講義を受講しながらの飲食を認めているところもあります。それから大学教員によっても差があり「今どき、ペットボトルを飲む程度で怒っていては身が持たないから黙認している」「講義の合間の休憩時間が少ないことを考えると致し方ない」などの意見もあります。

 そこで学生はペットボトルを悪気なく、机の前に置くようになります。これを就活に引きずるとどうなるでしょうか。

 企業からすれば、「初歩的なマナー程度すら知らないのか」と見てしまいます。「説明会で社長が講演しているときに、お茶を飲んでいる学生がいた。社長は降段後、『あの学生の名前をチェックして、必ず落とすように』と静かに怒っていた」(機械メーカー)

 私も就活セミナーやキャリア講義で、このペットボトル学生によく遭遇します。先日などは2年生向けのキャリア講義でこの話をしたところ、その直後に、いつも通りお茶を飲む学生が後ろの方にいました。メンタル強いな~。私も見習いたいものです。もっとも、その強さ、仕事で発揮したら逆に仕事を失う気もしますが。

反応
こういうのって、残念な企業を見分けるポイントとして分かりやすくて逆に助かるよね

アホくさ。机上にペットボトルで落とすような会社、行かなくて正解

お茶飲んで落とすような会社には行かないでいいよ。

面接官に成り得る年齢とキャリアだけど、それで落とすの?と言いたいのある。自分が甘い方だからかもしれないが

こんまいことをチェックしてる暇があったら学生と話してた方がよっぽどいいと思うけどなー

むしろ行かなくて正解やな。