コーヒー






世界的な気温の上昇が影響か 珈琲豆原種の60%が絶滅の危機に - ライブドアニュース

コーヒー好きの人々にとって非常に気になるニュースが浮上した。科学ジャーナルのScience Advancesに掲載された論文で、世界のコーヒー豆の原種の60%が絶滅の危機に瀕していることが明らかになった。絶滅が危惧される原種には、世界のコーヒー消費量の60%を占めるアラビカ種も含まれている

(中略)

アラビカ種が絶滅したとしたら、コーヒー業界は大きなダメージを受けることになる。なかでも大きな被害を受けるのがエチオピアだ。世界のコーヒー産出量にエチオピアのコーヒー豆が占める割合は3%でしかないが、エチオピアは輸出収入の60%をコーヒー豆で得ているのだ。また、エチオピアでは1500万人の人々が、コーヒー産業に関わっている。

専門家によると、気候変動の影響により現在コーヒーの栽培に用いられている農地の50%が、2100年までに使用不能になるという。

反応
コーヒーがなくなるのは困る、バナナも困る

本気で考える時がきた!

暖かい環境と涼しい環境がいるのはなかなか難しいな。

コーヒーが高価になって希少品になったらヒューマンハンター(主演ニコラスケイジ)の世界じゃないか。

俺が死ぬ頃にはコーヒーは高級品になっているかもな・・・