実質賃金






安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作|日刊ゲンダイDIGITAL

 厚労省の毎月勤労統計(毎勤)の不正問題が大紛糾している。国会では閉会中審査が実施されることになったが、厚労省の不正処理で「アベノミクスの成果」と強調してきた実質賃金の向上が“水増し”された数字と判明。ナント、本当は前年比「マイナス」だった実質賃金が、「プラス」域にまでかさ上げされた可能性があるのだ。

厚労省は2004年から、本来全数調査すべき「500人以上規模の事業所」について、都内計1464事業所のうち、3分の1程度の抽出調査しかしてこなかった。

 不正を理解しながら、長年続けてきたというからフザケているが、厚労省はなぜか昨年1月から抽出した賃金の調査結果を「3倍」にして全数調査に近づける不正処理を開始。その分、全体の数字を押し上げ、この月の勤労統計の賃金は全国で前年比約0.6%はね上がった。このイカサマ処理で、物価上昇分を差し引いた実質賃金まで上振れしていたのだ。

17日の野党合同ヒアリングで、厚労省の屋敷次郎大臣官房参事官は、不正処理をしなかった場合について「実質賃金の上昇幅はより小さくなる可能性がある」と認めていた。厚労省が既に発表している昨年1~11月の実質賃金は、平均で前年比プラス0.3%。不正処理前の同じ期間の数値はマイナスだった可能性もあるという。

「毎勤の不正処理による実質賃金の伸び率は、0.3~0.8%程度かさ上げされたとみられています。不正処理前の伸び率は限りなく『ゼロ』に近いか、あるいはマイナスだった恐れがあるのです」(厚労省関係者)
反応
実質賃金が上がった様に見せるには必要なズルだったってか?w

まじめに仕事をするのがバカらしくなる社会を作るのが目的なら、安倍は成功しています。

多くの国民が通帳を見たら、政権の言葉に惑わされていることは自明。自分の家計分析したら、現政権支持したくなくなるはず。

あの「都合のいい」数字たち、国家によって捏造されたものらしいで。

アベノミクスってマジで何だったの?結局数字ごまかして都合良くアピールしてただけじゃん

株高もハリボテ賃金上昇も偽装。ケイザイじゃなく、重罪の安倍やな。

アベノミクス以前から給料が高いところだけ調査して公務員の給料を決定していたからなぁ。実態とはほど遠い。アベちゃんは嫌いじゃないけど、同じ人が10年近く政権のトップだと色々と濁ってくるのは間違いない。