鼻をかむ






耳鼻科医が警告! 間違いだらけの鼻のかみ方(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース

間違った方法で鼻をかむと、中耳炎など耳鼻科にかかる病気になるおそれがあります。大阪はびきの医療センター耳鼻咽喉科の川島佳代子先生にお話を伺いました。

「鼻をかむときに意識して欲しいのは、
 (1)ティッシュを鼻にあて、片方の鼻翼を押さえる。
 (2)ゆっくりと鼻水を出す。
 (3)次に反対の鼻翼を押さえ、同じように鼻水を出す。
 (4)何度もこのような動作を左右交互に繰り返し、鼻水が残らないようする
 の4つです」(川島先生)

 なぜ、このようなやりかたをするのでしょうか。

 「診察室で鼻をかんでもらうと、年齢を問わず両鼻同時に強くかむ動作をする人が多いですが、それは危険です。鼓膜に強い圧力がかかってしまうからです。細菌やウイルスを介した鼻水が、耳管を通して中耳に送り込まれると耳痛や耳だれをおこす急性中耳炎になります。

 また、まれに外リンパ (ろう)という病気を起こすことがあります。内耳のリンパ管の膜が圧力によって破れて、高度の難聴や激しい眩暈(めまい)を起こす病気です。この原因の1つは強く鼻をかむことです」(川島先生)

また、鼻水が多くない時や、手元にティッシュがない時などに、よく鼻をすすってしまいがちですが、これも良くないと川島先生は警鐘を鳴らします。

 「鼻すすりは、耳と鼻をつなぐ耳管という管を経由して鼓膜に陰圧をかけることになり、鼓膜が中へ凹んでしまいます。それを繰り返すと、中耳に水がたまる滲出性中耳炎、鼓膜が凹んだままになる癒着性中耳炎、凹んだ鼓膜に耳垢が蓄積されてできる真珠腫性中耳炎などを起こします。真珠腫性中耳炎は、骨を溶かし難聴や眩暈などを起こす恐れがあります」(川島先生)

反応
耳に菌が逆流しないよう強くかみすぎず片方ずつというのは前から出来てるけど、「ゆっくり」というのは難しい。上手く外に出ずに中に残る水っぽさは結局ティッシュをねじ込んで拭き上げすることになる。

強くかむと耳キンなる。
が 片方の穴のかなり上の部分、、、軟骨との境目辺りを強く押して完全に片方を遮断すると 大丈夫だって アラ還で気づくオイラの体たらく。

初めて知った。
中耳炎で通院しても直り切らなかったはずだ。気をつけます

鼻をすするのは、健康面、マナーとしてもよくない、未就学児が親から躾で教わることなのに、昨今、電車のなかで鼻をすする大人が増えた。

鼻をかむことって年に数回ぐらいだったりするけど、やるときは両鼻同時やったわ。