ソニー






低迷ぶりは数字からも明らか スマホ事業から撤退もあり得る「3社」とは - ライブドアニュース



同時期におけるソニーの出荷台数は、2015年末には1,530万台であったのが2017年末には400万台になり、昨年9月~12月には190万台にまで激減している。最後にHTCも見てみると、2015年末の197万台から2017年末には98万台、そして2018年の第4四半期には25万台にまでガタ落ちしている。なかなか厳しい状況だ。

反応
LGはどうでもいいけど、ソニーは頑張って続けて欲しい。
ソニーが撤退すると買うスマホが無くなる。

HTC、LG、SONYとのこと。自分もこの3社が真っ先に思いつく…。

記事にある3社はソニー、LG、HTCのこと。この3社に共通するのは魅力的な商品を出せていないということ。

Xperiaは他社に追従とかせず独自性を発揮し続けてほしかったのに、XZ2みたいな中途半端な後追い製品を出したのが痛かった。XZ4はZみたいなデザインという話もあるが如何に。

ファーウェイみたいに程よい性能と程よい価格って製品を出せないのかね。毎回値段だけは一丁前の一週遅れのハイエンドで失敗している印象。