電子マネー、高齢者に拡大 現金より安心感  :日本経済新聞

高齢者の間でキャッシュレス決済が予想外に広がっている。70歳代以上の電子マネー平均利用額は直近5年間で87%増え、伸び率は全世代の平均(58%)を上回る。使える金額の上限をあらかじめ設定できたり、現金を数えなくて済んだりするメリットがシニア世代に受け入れられている。「高齢者は現金へのこだわりが強い」との固定観念とは逆の動きだ。人生100年時代をにらみ、企業は商機を見いだしている。

キャッシュレス決済に前向きな高齢者の姿を映すのが、家計消費状況調査による電子マネー利用額の変化だ。世帯主が70歳代以上では2012年時点で年8688円と全世帯平均の8割だったが、17年には1万6216円に増え全世帯の平均に並んだ。80歳代以上に限ると1万7492円と全世代で最多だ。

(中略)

東北が地盤のスーパー、ヨークベニマル(福島県郡山市)では、キャッシュレス決済の比率が約5割とセブンイレブンの倍だ。割合の高いシニア顧客の間で電子マネーの使い勝手の良さが支持されているという。

「年をとると手先を自由に動かしづらくなるのでお金を数えることが苦痛なのよ」。都内在住の80歳の女性は財布に現金を多く入れないようにしている。カードなら落としても利用を止められる安心感があるという。

反応
キャッシュレス決済出来ているおじいちゃんおばあちゃんは
きっとまわりの人との関係が良好なんだと思う
よくわからないことが聞けるし、教えてもらえる関係

高齢者には…っていうイメージではなく、高齢者にこそ電子マネーのほうが楽なんだっていうメリット

実感としてスマホ決済よりハードルが低いと思う

そう、一度使い始めれば便利だし安全というのはわかるんですよね。

新技術に速やかに適合するかどうかって、年齢は意外と関係ないのですよね…若い人でも固執する人は固執するし

スーパーのレジでお金を出すのに苦労している老人多いもんな。便利さを教えるのも家族の役割だと思うわ。