楽天






ネット通販サイト「楽天市場」 送料体系を統一へ | NHKニュース

楽天は、インターネット上の通販サイト「楽天市場」で、今は店ごとに異なっている送料体系の統一を目指すことになりました。

これは、楽天の三木谷浩史社長が30日、店舗向けの催しで表明しました。

楽天市場では、商品の送料はそれぞれの店の判断に任せていて、商品を買った人が負担する場合や店が決めた金額以上を購入すれば無料になる場合など、店ごとに異なっています。

これについて、冷蔵や冷凍品など一部を除いて送料体系を統一し、どの店であっても一定以上の商品を買った場合に無料になるようにしたいとしています。

店側の意見を聞いたうえで、年内に送料が無料となる基準をいくらにするかや、無料にした分をどの程度、楽天が負担するかなどを検討することにしています。

インターネット通販では、ライバルの「アマゾン」が通常、2000円以上の購入で送料を無料にするなど、一部を除いて送料の体系をそろえています。

楽天では、アマゾンに比べて送料が分かりにくいことが利用者の不満につながっているとして、統一を目指すことにしました。

反応
弱みと強みはどこにでもある。弱みを解消しようとして他のプラットホームに似ていくのは良い事なのかな?

絶賛Amazon、特にマケプレが株下げ中だから大口商品はヨドバシ、小口商品は楽天がある程度持っていくかもしれない

歓迎! しかし、楽天の沽券にかかわるので、高く統一されると、信用問題だね~。

アマゾンはマーケットプレイスは別やし面倒よ

まぁAmazonもマケプレがカオスだけど、楽天は本当に分かりにくいので統一に近づけてほしいね。ただ、楽天ブックスが送料高く設定されそうアレなんだが・・・。