実質賃金






18年の実質賃金は大半でマイナス 厚労省見解  :日本経済新聞

毎月勤労統計の不適切調査問題を巡り、厚生労働省は30日の野党合同ヒアリングで、18年1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」との見解を示した。この試算は1年前も調査対象となった事業所と比べた参考値。厚労省は名目賃金の参考値は公表したが、実質賃金は検討中として明らかにしていない。

立憲民主党など野党は実質賃金の参考値について、18年6月と11月を除き、すべてマイナスになるとの試算を示した。

毎月勤労統計で不適切な調査手法が続いていたことに加え、抽出調査の対象事業所の入れ替えに伴い、野党は18年の伸び率が実態より高く出ていると批判している。

反応
賃金サンプリングをごっそり安倍好みに替えてこれ。相当まずいだろ。
忖度という言葉すら忖度だわ。騙そうとしてやってるんだからそれは忖度ではなく単なる詐欺なんだけど。

賃金上がってないなら好景気の実感などあるわけもなく。

一番気になるのは厚生労働省でもなく現政権でもなく、「実質賃金は伸び続けてるんだバーカ」って左巻きに唾飛ばしまくってたアベスキーの皆様の出方だな

実質賃金下がっているのに日本人以上に安価な外国人労働者を入れようとして、実質賃金下がっているのに消費税増税しようとしている国…。(´д`) 恐れていた通りの伏線。

リーマンショック級の何とやらは厚労省から。消費増税してる場合じゃないよ。経済は確実に悪化してる。

与党支持というか、安倍さんを盲信する人は、「それでも給与は上がっている」と主張しいたけど…、あーあ

安倍信者もこれにはダンマリ。というか、大して収入も無さそうな若者が安倍支持してるのが不思議でならん。