不正統計






政府与党、実質賃金の参考値は公表しない方向で調整  - 毎日新聞

厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題に絡み、政府・与党は野党が明らかにするよう求めている2018年1~11月の「実質賃金の参考値」について、当面は公表しない調整に入った。野党は実質賃金の伸び率が同期間の「9カ月で前年同月比マイナスになる」との独自試算を示し、根本匠厚労相は5日の衆院予算委員会で事実上これを追認する答弁をしたが、「再集計するのは困難」として公表には消極的な姿勢を示していた。

 同省関係者によると、この実質賃金の参考値について再集計していないが、野党の試算と「近い数値の可能性はある」という。政府が公表をためらうのは、野党が「アベノミクス偽装」と追及する根拠を公式に認めることを回避する狙いもあるとみられる。

「機械的に計算すれば実質賃金マイナス」厚労相、不正統計によるアベノミクス詐欺を認める。人為的ならプラスになるってことか・・・

反応
ちょっとコレは悪手じゃないか?
面倒だから非公開にする対応はイメージが悪すぎる

こうして徹底的に隠し続ける事こそが偽装工作をしていた事を示しています
追及は緩めてはいけませんが、もう答えは出ています

不正のあとはてめぇらの都合で発表しないってさ。
間違いを指摘されるのが嫌だからって宿題出さないようなことを政府がやるつもりらしい。

悪い点のテストを親に見せないお子ちゃま、のようなもの。

都合の悪い事実は隠蔽していくスタイル

嘘をつき、捏造し、偽装して、バレそうになると隠す。トコトン不正内閣

このまま増税までダンマリかもしれんな。俺は増税には絶対反対ってわけじゃないけど、やりかたが。