スマホ






なぜスクショ?スマホネイティブ世代がコピペしない理由 | 日経 xTECH(クロステック)

中でも10代の若者はスクショを多用する。Twitterを使っていると、Webページの画面がそのまま貼り付けられたツイートを見かけることがある。Webページを紹介するとき、URLをツイートするのではなく、スクショを送ってくる。


文字列をコピペする機会がない
 なぜURLのコピペをしないのか。スマホのWebブラウザーでURLをコピーし、LINEのトークへ貼り付ける手順を娘に見せたところ、「面倒臭い」の一言が返ってきた。それでもコピペ操作を教えてみると、ある事実に気付いた。彼女は文字列を選択し、コピーしてペーストするという操作に慣れていない。スマホの使い過ぎと親である筆者に叱られるほど、彼女はスマホのヘビーユーザー。なのに、文字列をコピペする機会がほとんどないようだ。

「ギガが足りない」友人への思いやり
 友人の中にギガを使い果たしている人がいると、URLのコピペではその人だけ情報をシェアしにくくなってしまう。逆に自分がギガ不足の立場になる可能性もある。そこでお互いに、画像でやりとりすることになっている。

若者は情報を早く確実にシェアしたがる
 スクショは早く確実に情報をシェアできる手段であることも見逃せない。例えば、リンク先(URL)はタップ(クリック)されない可能性がある。だが「画像なら絶対に見る」と信じられているようだ。みんな経験していることだと思うが、URLでシェアされた記事は、時間があるときに読もうと思いつつも、多くは見ないまま忘れ去られる。相手に「絶対に見てほしい」、しかも「今すぐ見てほしい」ときは、スクショで送るのが有効である。そのことに若者は気付いている。

反応
URLよりスクショのほうが軽いというのは、広告だらけで重く重くなったWebのある意味での敗北とも言える

スクショされているWebページのURLを開けるようになったらええのに

Twitterで画像だけ貼って元サイトのURL貼らない人がいるのもこういうことなのかねえ

インターネット=WebやEメールの感覚はなくて、アプリなんですよ。

なるほど。色々謎が解けた

あと、テキスト範囲選択がスマホでは面倒くさいってのも大きそうやね。