AI






近い将来人間はAIロボットに脳や意識を移し替え、元の人体の葬式をあげるようになるかもしれない(イギリス未来学者) : カラパイア

ピアソン博士によると2050年には、人間は、AIロボットに自身の脳や意識を移し替え、元の人体の葬式をあげる可能性があるという。

 いわゆるエミュレーションというやつだ。あと30年もすれば、我々人類は不老不死の体を手に入れることが可能になるのだという。

イアン・ピアソン博士は議会議員としての経験もあり、未来学についての講義なども行っている。その功績の中にはコンタクトレンズの進化や未来科学への警報も含まれている。2050年に発生する荒廃とした世界「ディストピア」について彼は人々に特に注意を呼び掛けてきた。

 彼によると「2050年には人間の脳の99%はIT技術にとって代わり、本当に生物的な部分は1%ほどしか残っていないだろう」という。

 彼の予想する2050年には人間は自らの身体をロボットに移した後、元の人体の葬式をあげるようになるという。

反応
生きてる間に実現しておくれ……
やりたいことをやりつくすには寿命が短すぎる

メーテルに何とかしてもらおう。

機械化人ももうそう遠い話じゃ無いのかもね

不老不死とか死ねない人生なんて、私にとっては地獄でしかない。

SFやゲームではお馴染み?のネタだけど、あと30年で実現するなら、前澤社長みたいな金持ちがロボット化して永遠にZOZOTOWNを経営とかやってほしいな。月よりも夢があるし、2000億円ぐらい出したらいけんじゃね?しらんけど(笑)