貯蓄






40代の独身者はいくら貯蓄しているのか 金融資産の平均値と中央値 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

2018年11月9日に金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)の 「知るぽると」が発表したデータでは、40代の単身者世帯の金融資産保有状況が確認できます。

40代単身者の貯蓄とはいくらか

40歳代単身者の金融資産の平均値は657万円となっています。また、この中で金融資産非保有世帯は42.6%となっています。当調査における40歳代の調査実数は441世帯(男性279世帯、女性162世帯)ですが、 そのうち4割強が金融資産を保有していないという結果となっています。

平均値に加えて、中央値も発表されています。40歳代の単身世帯の金融資産の中央値は25万円となっています。先ほども見たように当世代は金資産非保有世帯が4割を超えています。結果として中央値がこの水準となってしまうともいえるでしょう。

反応
まあ20代30代に置き換えても変わらないだろうけど 結婚なんて出来ないくらい貧しいよね、今の生産人口は

いくらなんでも中央値25万はないような気がする。 通帳複数持ってて一冊あたりの平均ならともかく。

格差がすごそう(´・ω・`)

中央値が100万切るなんて。。。

25万円ってすげーな。都会なら1ヶ月生活できるかどうかってレベルやん。